AI-Contactの従業員が感じる心理負担を軽減する4つのポイント

「社用車の稼働状況を管理したい!」
「従業員の安全運転を推進したい!」
社用車を管理される立場の方にとって、非常に重要なことですが、そんな社用車を運転する従業員からは「これ以上管理されたくない!」といった反発も大きいのではないでしょうか?
今回は、安全運転管理システム「AI-Contact(アイ・コンタクト)」の従業員が感じる心理負担を軽減する4つのポイントをご紹介いたします。

【AI-Contact(アイ・コンタクト)についてはこちら】→https://ai-contact.jp/

1.従業員のプライバシーを守る


AI-ContactはGPS情報から車両の位置を管理するため、映像は記録されず、運転中のプライバシーを守ります。
万が一の事故のために映像を記録する車両管理システムも多くありますが、休憩中の従業員の様子など、業務とは全く関係のない従業員のプライバシーが記録として残ります。
AI-Contactは従業員のプライバシーを守り、車がどこにあるのかを把握できます。

 

2.交通違反のみピックアップ


AI-Contactは交通事故の削減・予防に特化したサービスのため、従業員の業務効率化を強要するものではありません。
社用車を運転する従業員の業務効率化よりも、社用車の管理者の業務効率化や会社全体の事故・自動車保険料の削減を目的としています。
運転中の交通違反を見える化することで、事故削減に必要な課題がわかります。

 

3.ポジティブなコミュニケーションが取れる


急ブレーキや急加速などの回数で従業員を評価する車両管理システムが多い中、AI-Contactは運転中にどれだけ交通ルールを守れたかを評価できます。
安全運転が実行できている従業員を褒めるなどの気持ち良いコミュケーションが取れ、褒められた従業員は「明日も交通ルールを守って運転をしよう!」とモチベーションが上がります。

 

4.運転に不安を持つ従業員を察知できる


「実は運転に苦手意識がある」といった従業員を察知し、大事に至る前に適切なアドバイスができます。
新入社員や運転に不慣れな人の場合、運転操作に集中しすぎてしまい、周囲の状況確認が遅れる・見落としてしまうことがあります。
道路標識を見落としてしまえば、もちろん交通違反は多い結果となります。
AI-Contactは、運転に苦手意識がある従業員に気付くきかっけを作り、従業員の安全を守るために適切なアドバイスができます。

 

5.安全運転管理システム「AI-Contact」

AI-Contact」は社用車の事故削減と従業員の安心・安全を両立した安全運転管理システムです。
社用車の現在地、交通ルールを守る従業員、交通違反の発生場所などを見える化し、ポジティブな事故削減の取り組みが実施できます。
従業員の心理負担を軽減し、社用車の管理・従業員の安全運転の推進を実現しましょう。

 

従業員の心理負担を軽減!
AI-Contactについて

関連記事

  1. 「AI-Contact」を活用して交通事故ゼロを目指しましょう