メニュー

活用方法 - ドライブレコーダーの映像解析サービスはジェネクスト株式会社

活用方法ACTIVATION METHOD

ドライブレコーダーの分析では、大きく4つの活用方法が考えられます。
その中でも1番交通事故削減効果が高いのは監視型です。

監視

  • カメラとデータによりドライバーの運転行動を監視
  • 事故削減効果、営業効率、運転マナーが向上
  • 管理する上席者を評価

しかし、技術面や労力といった観点から実現されていない。

牽制

  • ドライブレコーダー設置による心理的牽制効果
  • 事故時のみデータを活用
  • 時間の経過とともに事故削減効果は減少
  • 営業効率、運転マナーは導入前にリバウンド

運転評価

  • 得られた情報をもとにドライバーの運転を判断
  • 位置情報が不明で指導が難しい
  • 事故削減効果はある
  • 営業効率の向上は見込めない

映像教育

  • 実際の映像を見て、事故防止意識付け
  • 事故削減効果、運転マナー向上
  • 営業効率の向上は認められない

今後の取り組み

高齢者危険運転防止

  • 認知症の疑いのある高齢者へ注意喚起
  • 自覚の無い危険運転を防止
  • 第三者からの冷静な運転分析