メニュー

当社の強み - ドライブレコーダーの映像解析サービスはジェネクスト株式会社

当社の強みADVANTAGE

ジェネクストは技術面や労力面で
難しいとされていた監視型による解析を実現

なぜ監視型解析が可能なのか?

技術力

  • 独自の特許技術
  • 豊富な分析実績で得た技術

正確性

  • 指導に適した明確な成果物
  • 主観では無く、事実に基づく分析

信頼感

  • 一部上場企業との直取引

当社ではこの3点を柱に分析を行っています。
標識等はひとつひとつ目視で確認することにより、道路交通法に基づいた成果物作成が可能に。
従来のデジタルタコメーターのみを使った曖昧な測定とは大きくことなります。

ドライブレコーダーによる「映像分析サービス」

2カメラドライブレコーダーによる「映像分析サービス」

現状のドライブレコーダー分析サービスは、デジタルタコメーター等で得られた速度や急発進・急ブレーキといったデータを基に点数化しているのが大半です。

これでは道路交通法違反がどれくらいあるのか、その時のドライバーの様子や癖といったものを確認することはできません。では、なぜ2カメラドライブレコーダーにおける監視サービスを実用しないのか?

その理由は映像をひとつひとつ手作業で見なければならない為、莫大な労力がかかるからです。

また、万が一道路交通法に基づいたサービスを行ったとしても、1番の事故発生要因ともいえる信号無視は当社の特許技術を使用しないと正確に判断できません。

当社は憶測や主観といったものを完全に排除し、事実に基づいた確信的かつ客観的なデータを基に映像分析サービスを行っています。

特許技術

あらゆるドライブレコーダーで、高い精度の位置測定を実現

  • 特許技術
  • 特許技術

キャリブレーションは困難なため、計測用版及び計測用補助板を適当距離に設置、それによりレンズの内部から計測用板までの距離を計測。対象物の傾きを補正し、規格の大きさ、中心ピクセルからの位置にて距離・角度を測定。

特長

  • 同じカメラにて撮影した計測用板にて測定可能。
  • ローテクにて証明、説明しやすい。
  • 車両幅、ナンバープレート、電信柱、標識等の規格品を利用し、計測するため、実測がいらないケースも多くなる。
  • フレーム毎の自車、対象車両位置及び速度計測が可能。

特許技術により距離及び角度を計測する
従来技術と比べて、高精度な計測が可能!